最近の記事

2021年02月03日

2021.2.1【SB通信】恥ずかしい事


いつもありがとうございます。



今週、図書館で借りてきた本は4冊。



そのうちの1冊を一気読み。


2021.1.31.1.1.jpg







iPS細胞の山中伸弥教授と

ラグビー界の雄、故平尾誠二氏。



二人のような関係を結べること。



男としてすごく考えることがあります。



なんどか涙腺が震えます。



お勧めです。







【コラム】



フリースペース会員の原克之氏から

ご提供いただきました。



原氏の『人生を変えるメソッド』 



https://visionartmethod.com/



HPがリニューアルされ、

さらに洗練されています。





【恥ずかしい事】



「恥ずかしいことは何もない。  

夢をすぐにあきらめ、  

後悔する方が、

恥ずかしいことなんだよ。」



むかし、新聞に載っていた

広島県に住む保育士の正畑さんが書かれた

「思い出のピアノ」というエッセー。



高校の頃、正畑さんは、

商業科に通いながら、

【本当は保育士になりたい】という

夢を心に持ちながらも、

母に言い出せずにいた。



なぜか?



当時の正畑さんは、

「考えてみると、ピアノも弾けないし、  

歌も下手、絵も得意ではなかった」から。



でも、 思い切って、母に話した。



その後すぐ 正畑さんのお母さんは、

家にはピアノがなかったので、

自宅近くのコミュニティーセンターの

ピアノを弾かせてもらえるように頼んだ。



だが、 高校生だった正畑さんは

お母さんが公共施設に頼んだことが、

恥ずかしくて、みじめに感じたので、

「そんな所には行かない」と、

言い張った。



すると、 正畑さんのお母さんは、

「恥ずかしいことは何もない。  

夢をすぐにあきらめ、  

後悔する方が、

恥ずかしいことなんだよ」

と伝えた。



母のその言葉を聴いてから

正畑さんは 暑い日は、窓を開け、

寒い日は、かじかむ手をこすって

練習を続けた。



そして夢が叶った。



保育士になって25年、

現在もお仕事を続けている。



エッセーの最後に

「いつも前に進む力をつけてくれた両親に

改めて感謝したい」 と結ばれた。



わたしは正畑さんのエッセーから

ビジョン実現をあきらめず、

どんなことがあっても、

その実現を信じて、

前に進むことの大事さと

素晴らしさを再確認した。



もう一度、

自分自身の心に、

深く心に刻み、

ビジョン実現につながるため

今日の行動をしよう!







【お願い】




レンタルオフィスと

シェアサロンの利用者を

増やす活動をしています。



ご協力いただければ

嬉しいです。







---------------





最後までお読みいただき

ありがとうございました。



今週も

ワクワクで過ごしましょう。





*****************




株式会社MKオフィス

【SOHO BOX 北浜】

川原田 雅俊



→ ▼総合案内▼

https://www.sohobox.jp/



→ ▼シェアサロン▼

https://www.sohobox.jp/ss



→ ▼インターネットラジオ「夢叶隊」▼

https://www.yumenotane.jp/yume-kanae-tai

毎週木曜日 関西チャンネル

22:00〜22:30

> 2/4の内容 <

収録ノートが手元にないので

何を話したのか覚えていません(._.)



→ ▼メルマガバックナンバー▼

http://boss.sohobox.jp/



→ ▼オンラインショップ▼

https://sohobox.thebase.in/



→ ▼NOTE▼

https://note.mu/sohobox_kitahama





----------------

 

posted by SOHO BOX 北浜 社長 at 12:57 | 日記