最近の記事

2018年05月25日

和田裕美さんの『売れる営業に変わるフォローアップセミナー』 その4

その3

の続きです。

                           

14.デリケートな問題                       

たとえば、不妊など深刻な話題は

軽く話す。

                            

最終的に、みんな幸せになりたい。

                          

そしてどっちに転んでも

(この場合は子供ができてもできなくても)

私達は幸せになる。

                              

だから話の最後は

絶対にマイナスに持っていかない。

                       

最後は救ってあげる。

                         

「どっちでもいいんじゃない!」と。

                                      

wadahiromi,和田裕美,人生よかったカルタ
『ご縁が生まれるランチ会』のプチセミナーで使っています。

             

                                         

15.伝えたいことがたくさんある場合、

あれもこれも話さない。

                         

一つに絞る。

                           

そしてトークの中で

「本当にすごい!」という言葉を

感情を込めて2回言う。

                           

16.ボキャブラリーを増やす方法。

                         

「たとえばね」

と話すクセを付ける。

                            

そしてこれは、映像で考えないと

「たとえばね」

の後の言葉が出てこない。

                                  

つづく

 

posted by SOHO BOX 北浜 社長 at 12:57 | 社長ブログ

2018年05月24日

和田裕美さんの『売れる営業に変わるフォローアップセミナー』 その3

その2

の続きです。

                                  

11. 親しい友人へ、

自分の扱っている商品の良さを

語っているにもかかわらず、

それに対する感想がなく、

違う話やあいまいな返答をするとき。

                        

これは、両者の間に目に見えない

フィルターがかかっている。

                          

言葉を変えると壁がある。

                          

どうすればいいのか。

                            

それには

まず

この目に見えないフィルターを外すこと。

                              

それをしない限り、

相手はこちらが勧める商品に

正面から向き合わない。

                           

フィルターを外す質問として

「●●さんは、▲▲▲(自分の商品)いらないよね?」

「●●さんは、▲▲▲(自分の商品)興味ないよね?」

と仮説を立ててぶつかっていくことが重要。

                       

壁をなくすには、

本気でその壁の話をすること重要!

                                         

wadahiromi,和田裕美,YESの9割はフロントトークで決まる1
表表紙をあけると

wadahiromi,和田裕美,YESの9割はフロントトークで決まる2
熊野本宮大社瑞凰殿で行われた白熱ツアーでいただきました

                                           

12.見込み客を見つけるには?

                              

⇒ プレゼントークに自信を持てるようになること。

                         

紹介を生むには?

                    

⇒ 表情と態度が一番大切。

                       

自分に自信がないから・・・

自分の商品に自信がないから・・・

自分のトークに自信がないから・・・

その空気が周囲に伝染する。

                                 

そして何も得ることができない日が続く。

                             

まずは自分を否定しないこと。

                           

そのためには、徹底的な努力と練習で

プレゼンができるようになりましょう。

                               

13.自分の癖が気になってるなら。

                          

たとえば、

自分は瞬きが人より多いんじゃないかな?

と感じている場合。

                       

一つの方法は、

話している相手に聞いてみる。

                         

「私の瞬き、気になりませんか?」

                        

もうひとつの方法は

最初に自己開示する。

                           

「私、瞬きが人より多いんです。

気になさらないでくださいね。」

                                   

つづく・・・

 

posted by SOHO BOX 北浜 社長 at 11:11 | 社長ブログ

2018年05月23日

和田裕美さんの『売れる営業に変わるフォローアップセミナー』 その2

その1

の続きです。

                                 

wadahiromi,和田裕美,ぼくはちいさくてしろい
和田さんにサインをいただきました

    

                                                                    

8.女性はプロセス思考。

                                              

女性の話が長いのは、

自分の行動をチェックするため。

                                 

時系列を追っていき、

その時々の行動や考えを振り返ることで

自己解決する能力がある。

                     

この能力、男性にはない。

                         

「女性が相談を持ちかけて来た時は、

ただ黙って聞いておけばいい」

というのは、

女性にはこの能力があるから。

                  

                                                                                 

9.サイレントマジョリティの意見を代弁した時、

そこにヒトは流れる。

              

                                                                                      

10.話が止まらない女性と、限られた時間内で

伝えなければならない課題を持っている場合。

                                                                 

相手の話をとりあえず受け取る。

                                                

「そうなんですね〜」ととりあえず受ける。

                         

そしていきなり

*フィットネスクラブで器械の説明をしていたとしたら*

「腹筋大丈夫ですか?」 と

こちらの言いたいことを話す。

                        

多くの人は、『受ける』ことをしない。

                    

だから、こちらの話を聞いてもらえない.

                      

つづく・・・

 

posted by SOHO BOX 北浜 社長 at 11:11 | 社長ブログ